ビブラビ記事一覧

【変化出来る会社の条件】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
ビジネスの環境は変化しています。
それに合わせて変化出来る会社は、どんな会社でしょうか?


変化への抵抗が少なく、チャレンジが普通に行われている会社には特徴があります。
チャレンジを推奨する組織文化があり、チャレンジを楽しんでいるとまでは言わなくても、普通のことなのです。
このような会社を見ていると、さまざまな特徴的な制度があります。
例えば人事評価では、チャレンジすれば評価され、しなければ減点されるか、少なくとも加点はされません。
提案制度があり、採用されると、その実行を支援する仕組みがあります。
このような制度を導入すれば、チャレンジする会社になりそうですが、制度は整っていても、チャレンジが行われない会社の方が多いです。
制度を整備し、経営者がチャレンジを求めても、社員がチャレンジする気持ちにならないからです。
多くの社員にとって、変化は脅威です。
今している仕事が不要になるかもしれません。
自分のスキルや経験の価値がなくなるかもしれません。
なくならなくても、重要性は下がるかもしれません。
必要とされる新しいスキルや知識を身に付けるのに、同僚に後れを取るかもしれません。
提案したことが採用されても、成果が出なければ、責任を問われるかもしれません。
いざ始めると、必要な支援が得られないかもしれません。
このように考えると、変化やチャレンジへの心配は尽きません。
頭では必要だと分かっていても、変化は不安なものなのです。
社員も頭では分かっているので、変化を求めた時に、露骨に反対する人は多くありません。
多少説得に手間がかかることはあっても、最終的には理解してくれることが多いようです。
しかし、これも頭で理解しているだけです。
実際に変化に取り組むようになると、不安が頭をもたげてきます。
変化はチャレンジです。
会社全体としてチャレンジするには、まず社員の変化への不安を出来るだけ払拭しなくてはなりません。
それを実現するには、変化やチャレンジが安心なことであると、社員が経験的に理解しなくてはなりません。
その後、それが組織の文化や風土として根付いたら、社員は安心して変化を起こし、チャレンジします。
そして会社全体も、それらが普通のこととして行われるようになります。
このように、変化やチャレンジが普通のこととして行われるのも、現場力の強い会社の特長の1つです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP