ビブラビ記事一覧

【若手の仕事は乱暴に見えるけど】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
経験者が見ると若手がする仕事は危なっかしいものです。
そんな時、助言は効果があるのでしょうか?
ボード_育成指導.jpg


仕事だけでなく、経験を積むと、多くのことを知ります。
まず、知識に広がりと厚みが加わります。
具体性が高まり、知識が知恵に変わります。
経験を積み、知恵がつくと、判断のために必要なものが増えていきます。
それに伴い、観察力も洞察力もついてきます。
つまり、気になることが増えるのです。
このような経験者が、若手の仕事を見ていると、とても乱暴に見えます。
そこでアドバイスをしようとするのですが、ほとんどの場合、受け入れられません。
露骨にうるさがられることもあります。
表向きは聞いているようで、結局無視されることもあります。
どうすれば良いのでしょうか?
こう言うと、身も蓋もないのですが、どうしようもありません。
今のレベルで届くアドバイスしか、届きません。
ただし、うるさがられでも、伝えることは大切です。
本人のレベルが上がっていった時に、役に立つからです。
そして逆に、若手の仕事の仕方を参考にすることもお勧めします。
多くを知り、多くを見るようになるほど判断は難しくなります。
若手のように、よりシンプルにすれば良いことを、必要以上に複雑にしていることもあるものです。
経験の浅い人には、適切な助言であっても届かないことがあると考えましょう。
その時届かなくでも良いという気持ちでいましょう。
そして経験者は、若手の仕事の仕方を見て、必要以上に複雑にしていないかを考えるのも意味があります。
経験者と初心者がそれぞれ、お互いに学び、レベルアップしていくのも、現場力の強い現場の特長の1つです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP