ビブラビ記事一覧

優秀な部下がいる利点

現場力強化の画像
2021/05/28 情報を更新いたしました。

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

多くの経営者や管理職は、優秀な部下が欲しいと思っています。
優秀な部下がいると、どんな良いことがあるのでしょうか?

優秀な部下がいると、自分の仕事が楽になると思っている人が多いようです。
細かいことをいちいち指示しなくても、自ら動いてくれる。
求めている役割を果たしてくれる。
求めている結果を出してくれる。
確かに、上司は楽になりそうです。

役割を果たし、結果を出すのは、優秀な部下の条件です。
この2つの条件に異論のある人はいないでしょう。

では、細かい指示をしなくて良い、はどうでしょうか?
指示をしなくても良いとは、いちいち指示しなくても、与えられた役割を果たし、望む結果を出してくれると言い換えられます。

実際には、優秀な社員は2つのタイプに分かれます。

1つ目のタイプは、上司がどのように考え、どのような判断をするかが分かる部下です。
あるいは、上司の考えに沿った判断や行動をする部下です。
いちいち指示しなくても、上司が指示しようとしていることを実行します。
上司にとっては、自分が考えたのと同じように動いてくれるので、当然楽です。
そして、上司も気分は良いです。

2つ目のタイプは、自分自身の考えを主張する部下です。
上司と考えが違っていると分かっていても、自分の考えを主張します。
もし、何かを完全に任せたら、上司が思っているのと違う判断をする可能性もあります。
上司の考えを通そうとしても、簡単に言うことを聞かないかもしれません。

このタイプの優秀な部下は、決して使いやすくも、扱いやすくもありません。
しかし、上司の考えと違っていても主張してくれることで、新しい視点を与えてくれます。
上司が考えたり判断する上で、ヒントを与えてくれるなど、参考になります。

タイプに違いはあっても、優秀な社員に共通しているのは、自ら考えることです。
しかし、その考える方向性や、自分の考えの扱い方には違いがあります。
そして部下の優秀さを活かす方法にも違いがあります。

上司が楽を出来る優秀な部下と、扱いにくいけれど良い意見を出してくれる優秀な部下、その両方を使いこなすのも、現場力の高い管理職の特長の1つです。

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP