ビブラビ記事一覧

リバウンド需要に応えられる?

デスクで書類を見て困った様子の人

オフィス・ビブラビの長尾です。ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

新型コロナウイルス感染が続いている間、多くの人がしたいことを我慢しています。自粛が解除されると我慢していたことをしたいと思っている人が多いようです。これを喜んでいると同時に、新たな悩みを抱えている会社も多いです。

緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が全国的に解除されました。営業自粛を求められてた業種、求められている自粛行動の影響で需要が落ち込んでいた業種の会社にとってはうれしいニュースです。それまで我慢していたお客様も多いです。解除となれば、一気に動き出す可能性があります。リバウンド需要と言われているものです。

しかし、新型コロナウイルス感染が始まってから1年半以上になります。需要も低迷する中、会社は生き延びるためにしなくてならなかったことがありました。人員を減らしたり、機器を止めたり稼働する数を減らしたり、在庫を減らすなどです。そのため、需要が元に戻ったとしても、すぐに対応するのが難しい会社も多いです。

例えば飲食業を考えてみると、まず人の確保が難しいでしょう。必要な人数を確保出来ても、それだけで大丈夫なわけではありません。業務は人数がいれば回るわけではありません。仕事を覚えてもらわなくてはなりません。

以前働いてくれていた人が全員戻ってくれたとしても、ブランクがあるでしょう。いきなり元のペースで業務をこなすことは難しいでしょう。さらにしばらくは業務の連携もうまくいかないでしょう。これらは全てサービスの質に影響します。

さらに食材や飲料の確保も簡単ではないかもしれません。全ての同業者で一気に需要が高まります。その上、納入業者で廃業した所もあるでしょう。

また、店舗内の機器類もしばらく使っていないものもあるでしょう。例えばビールサーバーなどは再度使い始めるには洗浄しなくてはならないようです。サーバーの洗浄は業者に頼むことになるようですが、洗浄を頼む業者も数に限界があります。洗浄作業を頼もうとしても、すぐに対応してもらうのは難しいでしょう。

需要が低迷している時から、以前と同じ状況を保つのは無理なことです。そんなことをしていればお店が潰れてしまいます。しかし再開するためにしなくてはならないことは、新規開店の時に近いくらい多いです。

営業自粛の解除や行動自粛の緩和は良いことです。そしてリバウンド需要が期待されるのですが、その需要に応えるのも簡単ではありません。一難去ってまた一難という会社も多いでしょう。

このような難局への対処で陣頭指揮を執らなくてはならないのは経営者です。本当に経営者は大変です。だからこそ私は、頑張っている経営者にエールを送り続けたいと思っています。そして支援したいと思っています。応援しています!

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP