ビブラビ記事一覧

【伝え続けることの意味】

現場力強化を支援している
オフィス・ビブラビです。
ブログを訪問いただき、
ありがとうございます。
最近は、
勉強熱心な経営者が
多くいらっしゃいます。
会社のように
多くの人が関係する
組織を運営する上で
ミッションやビジョンが
有効なことをご存知な方も
多くなりました。
ところが、
せっかく一生懸命
考えて作った
ミッションやビジョンが
社内に浸透しない
という経営者の声も
多く聞かれます。
何故でしょうか?


ミッションやビジョンは
それだけでは
ただのお題目です。
説明すると、
納得してもらえるでしょうし、
賛同されるでしょう。
しかし、
残念ながら
すぐに
忘れられてしまいます。
大企業の中には、
毎日、
唱和している会社も
あります。
社員は覚えています。
社員が覚えているのは
良いことですが、
それでも、
お題目に過ぎません。
ミッションやビジョンは
社員の行動や判断に
活かされて初めて
意味があるのです。
では、
どうすれば
良いのでしょうか?
現場で伝え続けるしか
ありません。
社員に
指示や命令する時、
指導や注意をする時、
社員からの
相談事に答える時、
提案を評価する時、
その都度、
ミッションやビジョンを
引き合いに出して
対応するのです。
こうして、
現場の業務に
結び付いた形で
伝え続けなければ
浸透することはありません。
ミッションやビジョンは
覚えてもらうものでは
ありません。
日々の業務に
反映されて始めて
価値があるのです。
社員にうるさがられる?
面倒くさい?
ならば、
ミッションやビジョンを
掲げない方が良いです。
うるさがられても、
面倒くさくても、
浸透させる覚悟と
努力が必要です。
そして、
ミッションやビジョンは
会社をまとめ、
進化させていく上で、
その努力に相応しい
効果のあるものです。
最後までお読みいただき、
ありがとうございます。
ーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビの
オフィシャルFacebookページは
こちらです。

http://www.facebook.com/OFFICE.VIVE.LA.VIE
ブログの更新情報の他、
現場力強化と活用についての
情報を投稿しています。
ページに「いいね!」
していただいたら嬉しいです。

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP