ビブラビ記事一覧

【経営状態のセンサー(2)危機察知能力】

ブログを訪問していただき、
ありがとうございます。
「ワーク・ブレイクダウン」実践家、
「こんな会社にしたい」を応援する
オフィス・ビブラビの長尾です。
前回のブログで、
会社の「健康診断」について
書きました。
「健康状態」を定期的に把握し、
必要に応じて対策を考え、
実行することは、大切です。
もう一つ大切なことが
あります。
それは人で言えば、
急病に限らず、
病気の発症です。
病気に気付くために必要なのは、
アンテナを張って情報を得て、
センサーを働かせることを
「意識的に」行うことです。


身体ならば、
熱が出る
痛みがある
だるい
気持ちが悪い
などの自覚症状があります。
人の身体は、
本当に良く出来ていて、
病気のシグナルを
感じるようになっています。
会社の健康状態が
悪くなっている場合、
どんな兆候があるでしょうか?
売上の低下
不備やミスの増加
店舗ならば来店数の減少
社員の活気がなくなる
など、たくさんあります。
決算の時に、
総合的、集中的に
チェックすることも大切ですが、
それだけでは不十分です。
会社は日々変化しています。
重大な事態になる前に、
「何かおかしい」
と気付き、対処することが、
重要なのです。
気付くためには、
アンテナで情報を集め、
センサーを働かせる必要があります。
会社によって、
ウオッチする必要のあるものは、
違いがあります。
月に一回、週に一回、毎日など、
チェックする頻度もさまざまです。
例えば、
月に一度は、
売上高、来店数、営業の訪問数
週に一度は、
社員の表情や職場の雰囲気
毎日、
職場の整理整頓
などです。
これらは、
「何か良くない変化」が
起こりつつあるかもしれない
ことを知らせてくれます。
人で言えば、
体温、体重や血圧でしょうか。
日常の忙しさに追われていると、
意識していないと
情報も入って来ませんし、
センサーも働かないものです。
あなたの会社で、
チェックすべきものは
何ですか?
チェックすべきものの
情報は入手していますか?
入手した情報を
活かしていますか?
最後までお読みいただき、
ありがとうございました。
「ワーク・ブレイクダウン」は、
「見える化」によって、
現場の実践力を高める手法です。
あなたの会社、
あなた自身、
もっと良くなります。
応援しています!

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP