ビブラビ記事一覧

【職場の人間関係が悪い時の背景にあるもの】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
職場の人間関係が良くない職場は少なくありません。
何が悪いのでしょうか?


職場の人間関係は良い方がいいです。
人間関係がぎくしゃくしていると、雰囲気が悪いだけでなく、業務にも悪影響が出ているものです。
私が関わっている現場にも、いかにも仲の悪そうな人たちがいます。
職場内の人間関係は現場力に影響します。
そこで介入しなくてはならないこともあります。
そのような時、それぞれから話を聞きます。
いろいろと具体的な話が出て来ます。
しかし、そのほとんどの背景にあるものは共通しています。
それは、
察して欲しいことを察してくれない
ことです。
察するのは日本の文化の特徴です。
日本文化の素晴らしい一面ですが、問題もあります。
コミュニケーションがあいまいなのです。
察する文化の社会では、察してもらえることが当たり前と考えてしまいがちです。
察してくれると期待しているので、察してくれないと不満を感じます。
一方、察する文化の根底には均一さがあります。
ほとんどの人が同じように考えていることが前提です。
現代のように、多様性が許され、個性を尊重する社会とは前提が違います。
それでもコミュニケーションの習慣だけは変わっていません。
はっきりと希望を伝えなくても、察して応えてくれることを期待します。
はっきりと返事をしなくても、特にノーの場合は、回答を察してくれることを期待します。
その裏側には、希望を伝えてノーと言われたり、ノーと言って不満な顔をされるのを見たくない気持ちがあります。
コミュニケーションとしては、どちらも自分勝手と言えます。
・はっきりとリクエストする
・はっきりと答える
そして、その結果を希望通りでなくても、きちんと受け止めることが必要なのです。
これが出来ているのも、現場力の強い現場の特長の1つです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP