ビブラビ記事一覧

優秀なな社員とは?

育成指導の図
2021/04/30 情報を更新いたしました。

 多くの経営者の方が、「優秀な社員が欲しい」とおっしゃいます。

ビジネスは、人が動かしているものです。
優秀な社員を求めるのは当然のことです。
 
ところで、、優秀な社員とは、どんな社員でしょう?
 
 

どんな社員が優秀かはっきりしていない?

 
実際に経営者の方に、
どんな社員が優秀か?
と尋ねると、明確になっていないことが多いものです。
 
 
いろいろと質問を重ねて、優秀の条件を詳しく聞いていくと、大きく分けて、二つの条件が出てきます。
 
 
一つ目は、経営者である自分がいなくても、仕事を回してくれる社員。
もう一つは、指示したことを、経営者が希望している通りに遂行してくれる社員。
 
 

経営者の代わり?

 
一つ目の、経営者がいなくても、仕事を回してくれる社員について考えてみます。
もし、経営者がいなくても、決断し、仕事を回し、利益を生み出してくれるなら、それは素晴らしいことです。
 
でも、それが実現するなら、経営者の仕事は何でしょうか?
そして、何よりも、そのような人材が自分でビジネスを起こすことなく、一社員として働いているでしょうか?
 
このような社員がいると、経営者は、楽かもしれません。
それでも、社長の仕事がなくなるわけではありません。
 
社長の代わりはいません。
 
そして、社長がしなくてはならない仕事があります。
社長がしなくてはならない仕事をした上で、任せられる社員が必要です。
 
 

指示通りに動いてくれる?

 
その、任せられる社員という意味で、二つ目の、指示を希望通りに遂行してくれる社員について考えてみます。
 
会社には、さまざまな機能があります。
総務、経理、営業、企画、製造・・・。
それぞれに、必要な知識やスキルが違います。
 
全て仕事がこなせる人はいません。
 
経営者としてすべきことは、その担当する仕事ごとに、
  • 必要な知識やスキル(=条件)を明確にすること
  • 担当する仕事ごとに、条件を伝えること
  • 出来るだけその条件を満たす社員を採用すること
  • 条件を満たしていない社員には、身につける知識やスキルを学ぶ機会を与えること
  • もっている知識やスキルを活かす環境を整えること

これが、大切です。

求める能力を明確にし、伝え、機会を与える

 
必要な知識やスキルは、ビジネスの環境の変化と共に変わっていきます。
 
これからの変化の激しく早い時代には、今持っている知識やスキルや、仕事をこなす能力だけでなく、常に新しい知識やスキルを学ぶ姿勢が必要な資質だと言えます。
 
そして、仕事を生み出す能力、創意工夫を続ける能力、人と協力する能力、チャレンジ精神、行動力、几帳面さ、冷静さなど、実務能力だけでなく、姿勢や行動パターンが、社員に求められます。
 
まずは、一人ひとりの社員に対し、今の仕事で望むこと、今後身につけて欲しいことなどを経営者自身が定めることが出発点です。
 
そして、それをきちんと、伝え、成長を支援することが、経営者の望む有能な人材を育てることにつながります。

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP