ビブラビ記事一覧

【ちょっとした部品交換で「難民」に】

ブログを訪問していただき、
ありがとうございます。
「ワーク・ブレイクダウン」実践家、
「こんな会社にしたい」を応援する
オフィス・ビブラビの長尾です。
昨日のブログに書いた
満たされなくなった「ニーズ」に
気がついたのは、
先日の自分自身に起こった
出来事からでした。
今回は、
そのエピソードをご紹介します。


私は、ファッションではなく、
ある思いがあって、
似合わないのを承知の上で
ネックレスをしています。
(決して、ロマンチックな理由
ではありません・笑)
そのネックレスの
付けたり外したりする部分が
壊れてしまいました。
特にブランド品でもなく、
部品とラジオペンチが家にあれば、
自分でしようと思うレベルの作業です。
修理をしてもらおうと思い、最初は
大手のアクセサリー・ショップ
に行きました。
答えは、
「本部に送っての修理になります。」
次に、近くにあった
デパートの宝飾品売り場。
そこの答えも
「お預かりしての修理になります」
そこで、
商店街の中の宝飾店を探しました。
ところが、
探すのに一苦労しました。
本当に減っているのです。
以前はたくさんあった個人商店が。
やっと見つけた個人経営の宝飾店で、
無事、修理をしていただきました。
そのお店の人とお話ししていると、
他の業界と共通する背景がありました。
メーカーでしか修理出来ないような
商品が増えている
メーカーで修理するシステムに
変更している
その表向きの理由は、
メーカーが責任を持って修理するため
です。
この流れにより、
小売店には、
部品がない
修理出来る人が育たない
修理出来る職人を置く余裕がない
ことになっていっているのです。
普段使っているものには、
ちょっとした故障は起こるものです。
電気製品
自動車
バイク
アクセサリー類
以前は、
近所のお店に持って行くと、
直してもらえたものです。
ところが、今は、
ほとんどの物がメーカー送りが
必要になります。
預かってくれる
お店があれば良いのですが、
物によっては、
自分で送らなくてはなりません。
梱包するのにも、
適当な箱、隙間を詰める物など、
準備も大変です。
最近のビジネス・モデルは、
以前には当たり前だった
「便利さを軽視」することで
成り立っている部分もあります。
「買う」場面では、
確かに便利になりました。
「買った後」は
どうでしょうか?
顧客の視点で見て、
低下しているサービスに
もしかしたら、
これからの時代の
チャンスの種があるかもしれません。
そんなことに、
気付いた体験でした。
最後までお読みいただき、
ありがとうございました。
「ワーク・ブレイクダウン」は、
「見える化」によって
現場の実践力を高める手法です。
あなたの会社
あなた自身
もっと良くなることが出来ます。
応援しています!

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP