ビブラビ記事一覧

【「最良」の敵は「良い」】

「7つの習慣」の作者で知られる
故スティーブン・R・コヴィー氏の言葉に、
ためらうことなく、
「ノー」と言えるようになる秘訣は、
自分の中でもっと強い、
燃えるような大きな「イエス」を
持つことである。
小事に振り回されてはならない。
「最良」の敵は「良い」なのだ。
というものがあります。
「7つの習慣」には
多くの影響を受けました。
その中で、実践する上で
最も難しかったことの一つが、
この「最良」と「良い」の
区別でした。


「7つ週間」では、
「コンパス」という概念が出てきます。
「コンパス」は、自分がどこにいても、
常に「北」を指します。
「北」は、自分の目指す方向です。
そして、自分の行動や計画が、
目指す方向に向かっているのかを
常に意識することを勧めています。
以前にも書きましたが、
目指す方向がはっきりすると、
情報もたくさん集まってきます。
アイデア
スキル
人脈
習慣
考え方
ところが、たくさん集まっても、
全てを取り入れることはできません。
そこで選別をしてみるのですが、
それでも、
「これは、する方が良い」
と思えるものがたくさんあり、
選び切れないのです。
そうです。
「最良」と「良い」の区別が
つかないのです。
「最良」に集中することの
大切さは分かるのですが、
肝心の「最良」が判断できないのです。
そこで、私がしたことは、
「優先順位をつける」
「評価するのに必要な期間を決める」
「必要な期間、集中して取り組む」
「最初に決めた期限で評価する」
です。
実行してみないと分からないことが
多いものです。
「最良」候補リスト
リストの分類項目
「優先順位」の判断項目
「取り組み」の計画
取り組み後の評価項目
などで「ワーク・ブレイクダウン」を
使いました。
最初の頃は、
取りあえず実行してみないと、
「最良」と「良い」の区別が
全くつきませんでした。
今でも、新しいアイデアなどが
どんどん集まってきています。
そして、今でも
「最良」と「良い」の区別が
すぐにつくわけではありません。
ただし、最初の頃よりは、
「最良」の候補を絞り込むことが
出来るようになりました。
その後の
「評価」の精度も上がりました。
こういったものは、
やはり経験を積み重ねることで
身につくものです。
ただ、漫然と取り組むよりも、
「ワーク・ブレイクダウン」を使って、
準備、管理、評価をしてきたことが、
身につけるスピードを上げ、
判断や評価の精度や質を上げたと
感じています。
ところで、この
「最良」と「良い」の区別は
何かに似ていませんか?
会社の「戦術」の選択です。
「何をするか」の決断です。
今、個人、ビジネス共に
「最良」に集中して取り組んでいますか?

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP