ビブラビ記事一覧

全員異論・反論なし、は黄信号?

何かを決める時、
会議をしたり、
人に意見を聞いたりすることが
あると思います。
あまり重要でない内容
ならば良いのですが、
重要なことを決める時、
誰に聞いても賛成してくれる
会議では、全員異論なし
それは、どんな状況なのでしょう?


もちろん、
いろんな意見が出て、
まったくまとまらない
のは困ります。
反対意見の対立が強く、
まったく折り合わない
のも困ります。
それでも結論は
出さなくてはいけません。
それは苦労が多いことです。
そう考えると、
すっと話がまとまる
というのは良いことのようです。
しかし、
全員異論がないのは黄信号
つまり、
注意せよ!
のサインだと言われています。
なぜでしょうか?
それは、
真剣に考えていないサイン
であることが多いからです。
実際、何人もの人が
まったく同じように考えることは、
可能性が低いものです。
なぜ真剣に考えないのでしょう?
もちろん、
考えるのは面倒だから
という人もいるでしょう。
それ以外に、
大きく分けて二つ理由があります。
1.意見を言っても無駄
2.責任を負いたくない
です。
いずれも根深い習い性
のようなものです。
意見は聞いても、
結局、
誰か特定の人(上司や社長)の
意見が通ってしまう。
そんな経験をすると、
考えるのは無駄だと思って
考えることを止めます。
提案した言い出しっぺが、
思うような結果が出なかった時、
責任を問われるような
経験をしたり、
責任を問われる場面を見たりすると
危険を避けるために
意見を言わなくなります。
いずれにしても、
異論や反論は出て来ないのです。
異論や反論は、
何か見落としていること
に気づく大切なきっかけです。
異論や反論があって、
真摯に検討するからこそ、
良い結論が出せるのです。
あなたの会社では、
異論、反論が活発に出ていますか?

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP